ニュース

コロナ禍でもVirtualExpoは皆様のために

フランスをはじめ、世界中で流行している新型コロナウィルス。当社の社員の日常生活は以前と比べ劇的に変化しましたが、デジタル技術の力と適応能力によって、この危機的状況の中でも冷静に通常業務を行うことができています。

連帯感と責任感という企業価値を基に、VirtualExpo Groupは社員やお客様のためにあることを、具体的な行動で示しています。

 

社員に対するお約束
VirtualExpo Groupは「ピュアプレーヤー」です。当社のオンライン事業により、世界中の何千ものメーカーや流通業者が、当社のマーケットプレイスを通じて自社ブランドの認知度を高めることができます。当社の強みは、どこにいても、ロックダウンでも、社員が通常業務を続けられることです。

フランスで新型コロナウィルスが流行し始めてから、当社の経営委員会は、健康に影響を与える可能性がる、あらゆるリスクから社員を守るための一連の対策を講じてきました。

  • 不必要な交流を制限する。
  • アルコールジェルの使用。
  • テレワークの推進。
  • 社会福祉課の人との相談会。

相談会については、企業ソーシャルネットワークのWorkplace上だけでなく、社内のオープンスペースに設置された各テレビ画面でも情報配信が行われました。

フランスでロックダウンが発表された直後、VirtualExpoでは完全テレワーク制が社員の同意のもとで導入されました。200人の社員の完全テレワーク制への移行は、ヘルプデスクチームのすばやい対応のおかげで非常にスムーズに行われました。

テレワークでも様々なツールのおかげで、通常通り日々の仕事に取り組むことができています。例えばGoogle Meetではビデオ会議を行うことができます。

また、企業内ソーシャルネットワークWorkplaceでは、楽しみながら情報を共有することで、ロックダウン中でも社員同士のコミュニケーションを維持することができます。

また、CEOのヴィンセント・ジェラード氏は、企業戦略情報を社員と共有するためのビデオを、Workplaceで定期的に発信しています。

当社の2つの企業価値観である適応能力の高さとチャレンジ精神が、まさに必要とされる状況に私たちは直面しています。

お客様に対するお約束
私たちの優先事項には、常にお客様がいます。当グループは、コロナ禍やロックダウンにかかわらず、サービスの継続を保証するためにあらゆる策を講じています。

私たちの使命である「お客様のを長期的にサポートする」を確実に行うため、お客様が

2020年の売上を確保するため、またお客様の現在のビジネスを継続的に発展させることができるように、幅広い柔軟なサービスと支払い方法をご用意しました。

社会貢献のお約束
現在フランスでは、新型コロナウィルスの影響で、大規模かつ迅速な動員を必要とする経済的・社会的危機を生み出しています。そのため、私たちはより一層助け合いの精神をもち、社会に協力的でなければなりません。

人事部長のバーバラ・リチャード氏は、定期的に社内SNSで支援関連情報を発信しています。例えばボランティア活動に参加したい人のためのサイトでは、様々なボランティア活動を探し、参加することができます。

例外的な状況には例外的な行動が必要です。毎年マルセイユの当社オフィスで行われている「市民・連帯活動」は、今年は別の形で行われました。人材開発担当のナディア・エチェベリーは、全社員にアンケートを送付し、新型コロナウィルスの健康管理で日々活動している4団体を経済的に支援することが決まりました。

***

この危機は、世界経済の歴史にとって大きな転換期となるでしょう。私たち一人一人がこの未知の困難に直面しています。共に立ち上がり、それぞれの資源や強みを活かしていきましょう。今こそ当社の企業価値の一つである 「皆で協力して強くなる」が、最大限に生かされる時なのです。

これまで以上にWHOが課している衛生対策を尊重し、ご自身やすべての人を守るために、人との接触や移動を最小限に抑えることをお勧めします。

 

Logo VirtualExpo GroupLogo AeroExpoLogo AgriExpoLogo ArchiExpoLogo DirectIndustryLogo Medical ExpoLogo NauticExpo