ニュース

ヵ国間の営業部長ヤヌシュ・グロース氏

新型コロナウイルスは、当社社員の一人であるヤヌシュ・グロース氏のプロジェクトに多大な影響を与えました。そのプロジェクトとは、中国武漢に拠点を置く当社の子会社VirtualExpo Chinaで現地営業部長業務を行うことでした。

「2019年12月にこの営業部長職に応募したときは、新型コロナウイルスが発生するとは思ってもいませんでした」とグロース氏は感慨深げに語ります。さらに「フランス政府による

ロックダウンが決定した時点で、今後長期に渡り武漢のチームに合流できなくなることを悟りました」と付け加えました。

VirtualExpo Chinaへ直接足を運ぶことができなくなったグロース氏は、代わりに遠隔で中国支社の営業チームの訓練を始め、彼らの働き方を分析し、営業戦略を立てていく方向にアプローチを変えました。 「距離に関係なく私の仕事は、中国チームをリードし、訓練を行い、ここフランスで適用される営業プロセスに沿って、結果を出すことです」とグロース氏は語る。

地理的な距離だけがグロース氏の課題ではありません。新しい言葉と文化を学ぶことは、中国支社の営業部長を務めるための前提条件の一つでした。

VirtualExpoグループは、リーダーシップの取り方・採用の仕方・リモートチームの管理と育成・語学学習などの職業訓練プログラムにより、グロース氏をサポートしています。「本社を拠点とするチョン・ヤオ氏は、言葉や訓練などの幅広い面でサポートしてくれているので、とても感謝しています。彼女と一緒に仕事ができてとても嬉しいです」とグロース氏は述べています。

現地チームと遠隔で仕事をする上での課題は他にもありました。中国とフランスの時差を考慮すると、ビデオ会議は午前中にしか行えません。また本社で利用しているGoogle は、中国では使用されていないため、中国のモバイルメッセージアプリのWeChatやビデオ会議ツールであるVoov Meetingを利用することになりました。

「共感」「謙虚さ」「忍耐力」は、この状況下で営業部長としての役割を果たすためのグロース氏の3つのモットーです。そしてグロース氏の願いは、一日も早く現地チームと合流することです。

Logo VirtualExpo GroupLogo AeroExpoLogo AgriExpoLogo ArchiExpoLogo DirectIndustryLogo Medical ExpoLogo NauticExpo